Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

ラートコーディネーターって?

June 19, 2018

 

そんな職業存在するの?! 

という言葉が飛んできそうですが、断言します。

 

はい、存在します。何故なら、私がそうなので。

 



ラートを1999年からはじめ、ラートパフォーマーとしてデビューしたのは2008年。
気がつけば10年という月日を、ラートを仕事として取り組み、費やしてきました。

「パフォーマー」という、人前で表現する仕事は、私の活力にもなりましたし、ラートをたくさんの人に知って頂きたい!と思っていた自分にとっては、ラートを広めるきっかけとなったお仕事でした。「パフォーマー」をやっていたからこそ、繋がったお仕事も多々ありました。

現在は「パフォーマー」に偏らず、「ラートの何でも屋さん」として、あらゆるタイプの仕事をお引き受けしていますが、その中で最近、特に増えている「ラートコーディネーター」というお仕事について、二つの記事に分けて書いてみようと思います。

ラートコーディネーターって?

ラートを採用するプロジェクトや仕事において、ラートに関わる人材派遣の調整や、器具の準備、クライアント様の要望を形にするために、調整、進行を担当する人。


 

こう提言できると思います。

 

皆さん、よく耳にしたことのある「〇〇コーディネーター」ってありますよね?

 

「インテリアコーディネーター」「ファッションコーディネーター」「フードコーディネーター」などなど、非常にポピュラーである仕事の一つかと思います。

そもそもコーディネーターという仕事は大辞林(by 三省堂)によると、

「物事が円滑に行われるように、全体の調整や進行を担当する人。と書かれています。

私の仕事内容から推測するに「ラートコーディネーター」と名乗ることが、非常にしっくり来ることがわかりました。

もしくは「ラートコンサルタント」かな、と私は思っています。

 

 

 

では具体的にどんな仕事をするのか、案件の一例と共にどんなお仕事内容かをご紹介します。

 

例1:映像媒体にラートを起用する案件

 

1)クライアント様からお問い合わせを頂き、何回かのメールや電話のやり取りで、お引き受けできる内容かをお伺いする(私自身のスケジュールと予算出し)。

2)撮影に必要な人材(パフォーマー、アシスタント)、器具の手配をする。一番難しいのは起用したい人材と撮影日のスケジュールの擦り合わせ。

3)クライアント様と打ち合わせ。衣装、メイクのチェック。必要によっては、仮の動画を撮影する。具体的なイメージを監督、クライアント様も持ってもらう為。パフォーマーの衣装フィッティング。

4)パフォーマー、アシスタントと打ち合わせ。やって欲しいことを明確に伝える。パフォーマーの技術の確認も同時に行う。

5)ラート器具レンタル、積み込み作業。

6)本番当日。頭を迅速回転させながらも、フレキシブルに対応し、ベストなパフォーマーアテンドと、現場で求められていることを瞬時に察知して、仕事をする。

7)撮影後。お礼のメールと、請求書の発行。関わった人へのお支払い。
 

 ↑劇団☆新感線「メタルマクベス」劇中歌「キレイは汚い、ただしオレ以外」

 

 

例2:スポーツイベントでラート体験会を起用する案件

 

1)クライアント様からお問い合わせを頂き、何回かのメールや電話のやり取りで、お引き受けできる内容かをお伺いする(私自身のスケジュールと予算出し)。

2)イベントで必要な指導員へ依頼とラートの手配。地方で大人数が必要なイベントの場合には、なるべくイベント会場から近い、信用できる指導員に声をかける。泊まりが必要な場合はスタッフ全員のホテル手配、移動手配なども必要。
3)ラート器具レンタル、積み込み作業。

4)本番当日。クライアント様へご挨拶。指導員に改めてイベント内容の説明。スケジュール確認。補助方法の確認、指導。適宜写真撮影。

5)終了後。クライアント様、指導員へのお礼、ご挨拶。請求書の発行。指導員へのお支払い。

​↑清流のくにぎふ秋のスポーツフェア2016

 

 ↑ARAKAWAクリーン10K

 

案件によって多少異なることもありますが、ざっくりとした流れは上記の通り。


【まとめ】

ラートコーディネーターは・・・

・安全第一でラートを扱ってもらえるよう、はじめから終わりまで責任をもつ。
・誰かの「はじめて」「驚き」「喜び」をサポートできる、やりがいが肌に触れてわかる仕事。
・(ラート好きな人ならば)好きなことをシェアできる楽しい現場がたくさん待っているよ。

 ↑スポーツ博覧会2015


 

紹介したのはほんの一部ではありますが、将来、私に続いてくれる「ラートのプロ」が出てきてくれると願ってやみません!

 

好きなことを仕事にするって良いものよ(^3^)

 

 

第二弾は「ラートコーディネーターになる為には?」

 

お楽しみにね!

全国のスポーツフェスティバルや、企業様イベント、映像媒体出演、小学校の特別教室まで、ラートを起用したい現場をコーディネートします!ラートがあると華やかになりますよ!

>>お問い合わせはお気軽にどうぞ☆

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア