世界ラートチームカップ in 秋田

皆さん、ラートの国際選手権が今年の春、日本にやってくることをご存知でしょうか? な、な、なんとアジア初開催が日本の秋田県に決定いたしました! ラートファンはもちろん、ラートって何?っていうラートビギナーの皆さんにも是非とも観戦しに来て頂きたい大会です!! 今年の日本代表選手は2014年、ドイツ、ベルリンにて開催された世界ラートチームカップにて優勝したメンバーが再集結しています。

5年経った今、更にパワーアップした日本チームの活躍にも期待が高まります!! 第9回世界ラートチームカップ 世界ラートチームカップは2年に一度開催され、今回で9回目となります。アジアで初開催となるラート競技の国際大会です。2018年5月にスイスでおこなわれた「第13回世界ラート競技選手権大会」の上位4カ国に出場権があり、各チーム4名からなる国別対抗の世界一決定戦となります。 日程:2019年4月21日(日)オープニング演技開始12:30  試合開始13:00

場所:秋田県立体育館 主催:国際ラート連盟(International Rhönrad Verband、以下IRV) 共催:日本ラート協会、秋田ノーザンハピネッツ株式会社 主管:第9回世界ラートチームカップ実行委員会 後援:秋田県、秋田市、(公財)秋田県体育協会、(一財)秋田市体育協会、 (公財)秋田観光コンベンション協会 参加国:ドイツ、スイス、日本、オランダ(各国選手4名、コーチ1名、審判2名、団長1名) (2018年世界ラート競技選手権団体戦の上位4カ国) 部門:4カ国による団体戦。1カ国につき、直転2演技、斜転2演技、跳躍1演技、自由選択1演技の計6演技を実施。 競技規則:最新のIRV国際競技規則に準ずる。 試合形式:ラウンド制を採用し、1ラウンドにつき各国1人ずつ演技。ラウンド内での得点順位によって、1~4ポイントのラウンドポイントを付与。6ラウンド終了時の合計ラウンドポイントによって順位が決定。なお、各国1回ずつ、ラウンドポイントが2倍になるジョーカーチャンスあり。 入場料無料(最大座席数3,500席)※一部協賛者様席

こちらもフォローをお願いします!

Facebook ラート日本代表選手団ページ 第9回世界ラートチームカップ情報共有ページ

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 NOZOMI YOSHIDA ALL RIGHT RESERVED